大切です

脳ドックは非常に大切な検査

私たちが健康に生活をするためにも、脳ドックは欠かせない検査です。そもそも脳の病気には、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などいろいろな種類があります。これらの脳の病気は自覚症状があまりなく、早期発見がしづらいといわれています。しかし、いったん発症すると、言語障害や麻痺などの重い後遺症をもたらします。また、最悪のケースだと死亡する可能性もあります。なので、こまめに脳ドックを受けることで早期発見を行なう必要があります。脳ドックでは、主にMRIやMRAなどの画像検査、血液検査などが行われます。検査で詳しく調べることで、脳の病気の早期発見、予防が行えます。特に高血圧、糖尿病、肥満傾向がある人は、脳の病気にかかりやすいです。なので、積極的に脳ドックを受診する必要があります。

検査を受ける時の注意点

脳ドックは、通常の人間ドックとは違って、MRIやMRAなどの脳の画像診断で検査を行います。ですから、脳ドックを安全に受けるためのいくつかの注意点があります。まず女性の場合は、メイクで顔にアートメイクを行ったり、刺青をしている人は検査を受けられません。というのは、アートメイクや刺青には鉄が若干含まれているからです。この鉄が、検査中に発せられる強い磁場に反応してしまう可能性があります。そうすると、正しい検査結果を得ることができなくなります。その他の注意点としては、歯の治療でインプラント、またはペースメーカーの人も検査を受けられません。これらの方は体内に金属が入っているので、場合によっては健康上の不具合が起きます。なので、事前に医師に申告する必要があります。