專門に依頼をする

脳ドックを受けてわかることとは何か

脳ドッグは病気を早期発見する場でもあります。しかし、場所によっては発見できない可能性もあるでしょう。それは、人間ドックで血液の状態や生活習慣に問題があると分かっても、脳の状態がどうかということは分からないということになるのです。病気の中には発症してから治していくことができものと、発症してしまったために一瞬にして命を奪われたり、後遺症が残ってしまうことがあるのです。脳ドックを受けることで、脳に隠れた病気を発見することができるのです。人間ドックや血液検査などで、高血圧や糖尿病の心配があると言われた場合には脳ドックを受けたほうがいいといえます。脳ドックを受けるには、専門の医療機関に予約をします。費用は検査項目によって違いはありますが大体4万円から9万円くらいとなります。

受けたほうがいい人について

脳ドックを受けることで脳に隠れた病気を発見することができます。発見することができる主な病気は、脳梗塞や脳腫瘍、動脈硬化などになります。また、脳動脈瘤という病気も分かります。脳動脈瘤とは血管がこぶのようになるものです。生活習慣病があり糖尿病や高血圧の人は、脳ドックを受けたほうがいいでしょう。また、喫煙やアルコールが好きな人、頭痛が多い人も注意が必要となります。脳ドックで脳の状態を調べるには、MRIやMRAで検査を受けます。血管の詰まりについては、頸動脈エコー検査や眼底検査などを行います。問診や尿検査、身体測定や血圧の検査などもいっしょに行うので、脳ドックを受けることで体全体の検査にもなります。脳ドックで脳の状態を知ることで予防の対策を立てることができるようになります。